給料日に事故ってしまった

せっかくの給料日でウキウキしていましたが、彼女とデートするために車で迎えに行って、駅前で事故ってしまいました。事故といっても、こちらが悪いのではなく、完全に相手が100%悪いんですが。駅前の駐車スペースに停めて彼女が来るのを待っていると、後ろからオカマを掘られました。「ドシャーン!」という物凄い音とともに、ガラスが割れ、僕はハンドルに胸を打ち付けて気絶してしまいました。

気が付けば病院のベッドで首にコルセットをして寝ていました。彼女が心配そうにこちらを覗き込んでいます。意識がハッキリしてくると、自分のカラダがどうなっているかが分かってきました。首にコルセットの他に、口の中は歯が何本か欠けています。そして胸部に圧迫感があったので触ってみると、グルグルと包帯が巻かれています。どうやら肋骨を圧迫骨折しているみたいです。

結局、3ヶ月の入院で賠償金を300万円受け取り、退院しましたが、車は見事グチャグチャ。でもダメ元で事故車の買取に査定に出すと1万円で買い取ってもらえました。

審査甘いカードローンで借りたい、借りようかな・・

9月に入りました。月末が給料日だったので、懐はまだ温かい・・・はずですが、車のローンの引き落としが毎月1日なので、もう銀行口座には5千円しか残っていません。給料日は嬉しいんだけど、すぐになくなってしまう。車なんて買うんじゃなかった・・・。頭金なしの新車120万円。毎月3万円のローン。3年3ヶ月もしんどいなぁ。それにガソリン代、車検代、メンテナンス代など、日ごろから積み立てていないと払えない費用もあって、自分の給料で自由に使えるのは1万5千円くらい。。カードローン審査甘いで借りようかしらん。でもどうせ返済日が来たら苦しくなるだけだしなぁ。

銀行振込みの際の出来事

俺は給料が入ったらまず銀行振込みでお金を支払っているのですが、先月、少し困った出来事がありました。
その日はいつもと同じように給料日だったため、銀行に向かいました。そして無事にお金を引き出し、いつものように振込みのためATMに並んでいました。そして自分の番が来たのでATMで振込みのための入力作業をしていたのですが、急に隣のATMを使っていた人がこちらにニュッと顔を出してきました。そして…
「ねえ兄ちゃん、この暗証番号って何番を入力すればいいの?」
いやいや俺に聞かれても知らないですよ(笑)
見ると50歳位のおばさんでしたが、今までATMを使った事がないんでしょうか?
「銀行の窓口の人に聞いてみて下さい」
と教えてあげましたが、それからどうなったのか…
以上、ちょっと驚いた銀行での出来事です。

お給料日は何度経験しても楽しいですね!

私の場合お給料日は帰り道にちょっといいお肉を買ったり、新作スイーツを買ったり食べ物に走ることが多いです。あとはお給料日前から通販サイトでこつこつ吟味し、カートにため込んでいたお洋服類を手続きすることもあります。これはお給料日から数日後に宅配便が届くのでお給料の喜びがリフレインしてきて2度おいしくておすすめです!もちろん毎回そんなことができるわけではないので、お給料日のわくわく感がありながらも結局はトイレットペーパーやティッシュペーパー、冷凍食品等の消耗系日用品をごっそり買いだめして終了なときもあります。

給料日はATM祭り

私の場合、給与が振り込まれる銀行が2行と、カードや携帯料金などが引き落とされる銀行、奨学金の返済のための銀行がそれぞれ異なります。給料日になると朝からコンビニのATMに陣取って給料の引き落としから各銀行への分配をやっています。次から次にカードをとっかえひっかえ使っているので、店員さんから白い目で見られたり。人が並んだ場合は作業を中断して別のコンビニへ。1行に絞れば楽なんですが、口座変更の手続きが大変で、ひとまず現状維持です。
給料日の帰りは必ずコンビニへ。貧乏なので普段はあまりコンビニで買い物をしない私ですが、あのスイーツだけは食べたくて仕方がないのです。なので、普段は一生懸命我慢をして給料日だけは好きなスイーツを買ってめいいっぱい楽しんでます。
私の給料日はコンビニに始まりコンビニに終わるのです。

スイーツ旦那の給料日

家庭業務的にはとくべつにしなければならないことはないです。支払い関係は口座振替で行っているので。業務外では、すこしだけ心のゆとりが生まれるせいで夕飯は豪華になったり、旦那はデザートのケーキを買ってきてくれたりします。旦那は買うことと甘いものが好きなのでこれをドッキングさせて給料日にははじけさせるようです。デパ地下で少し高めのスイーツをチョイスするのが至福の時で、私たちはそれを食べることができてうれしいです。旦那はOLみたいだなと思います。